fc2ブログ

    ★生活における『五行』について   『陰』の儀式 ――炊事の大切さ 

    Category : 運命学
           あけましておめでとうございます
           
               お正月飾り  (京都)

               

                
              お正月かざり


    京都では、小梅と結び昆布を入れた大福茶を飲みながら、

    お祝いの言葉を交わします。


    おめでとうさんどす~


       . . . . . . . . . . . . . .
     







              

    今年初めての記事は、運命学の記事になります。 





    今日のテーマは、

    ★生活における『五行』について 『陰』の儀式 ――炊事の大切さ



    生きる原点についてです。







    今まで、五行については、カテゴリ【東洋学】において、

    5行の徳性について書いてきましたが、

    今日は、

    五行学の実践編としてカテゴリ【運命学】の記事になります。

    (『陰陽五行』については、後日、また詳しくする予定です。)



    五行学とは、中国のその昔、

    前四世紀末の頃、陰陽家・鄒衍(すうえん )が、

    前一世紀頃、劉向・劉キン親子によって完成されたと言われています。


    五行とは、この宇宙の生成流転消滅する現象(意識で捉えられる)世界

    の万物の元素、5つのエネルギーとしての木・火・土・金・水の事です。


    似たようなものに、仏教の五行があります。

    仏教の五行は、地・水・火・風・空とされています。




    人と自然の関係を解釈する手段としての五行学は、

    『陰陽学』と相まって『陰陽五行学』説と云うものになり、

    科学が進んだ現代においても、

    近代化以降の西洋医学の追従を許さない東洋医学、中医学の理論の

    中核となっています。

    そのように現代中国の中医学に大きな影響を与えた哲学です。

    それは、分科していく西洋医学の対症療法とは比べ物にならない程の

    治療上の効果と影響を人体の生理、病理、病因、診断、薬物の領域で

    与えつづけています。






    五行には、それぞれの色が定められています。


    木   仁の徳: 青

    火   礼の徳: 赤

    土   信の徳: 黄

    金   義の徳: 白

    水   智の徳: 黒(紫)


    五行のそれぞれの徳性については、

    今までの記事に詳しく書いていますのでそれをご覧になってください。

    ブログ画面、右上のプロフィールの直ぐ上、TITLE LISTを

    クリックして全記事メニュから、タイトルの前に、.。.:*:.。..。の飾りが付いて

    いるのが記事の目印です。




    この五つの色は、" 七夕の歌 " 、

    ”五色のたんざく~ 軒端(のきば)にゆれて~ ” の


    短冊の五色は、五行の五色の色なのですよ。

    「七夕のお星様」は、古代中国の『陰陽五行説』と深い関わりがあります。


    お寺にある五重塔、五輪塔など、

    この五の意味は、それぞれ五行の五に対応しています。




    五節句もそうです。


    人日(1月7日)、

    上巳(3月3日のお雛さま)、

    端午(5月5日の鯉のぼり)、

    七夕(7月7日)、

    重陽(9月9日)。



    この節句というのは、正しくは、『節供』と書きます。

    季節の変り目に、その季節のお供えをする、五行のお祭りです。
     




      
    一週間の月 火 水 木 金 土 日 もそうですね!

    五行の木 火 土 金 水 に

    『陰』を表す月と、『陽』を表す太陽である日を配して出来ています。


    七曜は、陰陽五行で出来上がっているのです。

    陰陽五行を、一週間で一回りするという事ですね。


    日常的には、すっかり聴き慣れない五行ですが、

    これ以外で、私たちの生活のごく身近なところに、

    五行が完璧に揃っている場所があります。2ヶ所かな?

    さあ、どこでしょう?

    答えは、あとで、、、    ほほっ。





    運命学における五行は、

    性質、癖、人格、運命エネルギーの流れ、体質の特徴までを表します。


    運命学における

    良い運、良い命式とは命式中に、きちんと五行が揃っている事、

    この五行が、自分の誕生命式の中に全部そろっていると、

    運命のエネルギーが行き詰まる事なく循環をすると云う事になります。






    下の図をご覧になってください。

    木、火、土、金、水、を五芒星の形に載せて時計回りに配置すると

    五行の相関関係図ができあがります。













    黒い矢印が、見えにくいですが、

    相生・そうしょう(エネルギー移動による五行転換)の関係です。

    相生の関係は、互いが生かし合う関係になります。



    ・木が燃えて火を生じる。

    ・火は燃えて灰となり土を生じる。

    ・土の中から鉱物・金は得られる。

    ・金が結露すれば水が生じる。

    ・水が木を成長させる。    


    そして、この水から、また木が火を生じるへ戻る訳ですが、

    宇宙森羅万象は、このように、 

    → 木 → 火 → 土 → 金 → 水 → の規則的なリズムで

    一時も、休む事なく現象を起こしていると云う東洋独自の

    西洋にはない『時』に従って移ろいゆく循環の法則なのです。


    すこし面倒ですが、

    この循環を理解して、そのイメージを思い浮かべられるようになれば、

    目の前にある物事の表面だけに囚われて右往左往しなくなったり、

    深く事態の動く推移を眺められるようになったり、

    物事の奥行きを観て行動ができるようになりますよ!    あはは。

    だんだんと高度な東洋学へ入って行けるはずです。







    白い矢印は、相剋(そうこく)の関係です。


    相剋とは、お互いにエネルギーを消し合う関係、滅ぼし合う関係です。

    例えば、木から土へ向かう矢印は、木が土を剋すと云う事です。

    木は、土の中へ根を張る事で土の養分を奪い、やせさせます。

    同時に、金から木へ向かう矢印は、金が木を剋すと云う事です。

    金は、斧になって繁茂した木の枝葉を切り落とします。


    そのように、それぞれが剋す相手と、剋される相手を持っています。




    では、生きる原点と申しました本論です。






    人の一生、この現象世界に生れる人間の生命は、一組の男女からです。

    夫婦と云う陰陽の一組が揃って、初めて新たな生命がもたらされます。

    厳粛な、『陰』と『陽』の役割分担があってこそ、

    次の新たな命も誕生し、その命の役割を全うできるのです。

    『陽』の生産性が弱いよりも『陰』の徳性が発現できない場合の方が、

    命の継承、命の繁栄は不可能です。

    命、家系の存続は、経済力にて行われるのではありません。

    ただ、ひとえに『陰徳』の恵みの下で達成されるのですよ。



    命の成長とは、五行の徳で守られて達成するものなのです。

    そして又、新たに子孫を産み、育て、残し、老いて行くものです。

    命の成熟を達成し、この循環の役割を終えた命は、

    つぎ、また、あらたに、新鮮な姿形で生まれ変わるには、

    今ある古い状態を一旦滅ぼさなければなりません。


    その為に、五行の相関関係図の循環のサイクルの中には、

    お互いを生かし合う相生関係と滅ぼし合う相剋関係があります。




    どのような命の存在も、辿るその、どの循環の場面においても、

    その存在自体が消えてなくなる事はありません。

    ただ『天』の運行・時の流れと共に、

    姿形が見える世界から見えない世界へ、変化をするだけなのです。


    そして現象であった肉体は滅びて灰となり、土に還ります。

    そして、

    その土から芽吹いた植物が『天』の水を受け、木となるのです。

    その『天』の恵みを動物や人間が食べて新たな生命の糧とする。

    『人』は『天』の運行の『時』を経て成長をします。

    『人』は、『天』が育むものです。



    その舞台が、この『地』の上なのです。


    五行とは、これらを巡る循環の法則です。

    循環の法則とは、

    『時』の流れと共に、この現象世界のすべての姿形を変化させ、

    一定のリズムを持って、繰り返される創造的運動です。


    この本源は、目には見えません。

    この力は、無意識の領域の中にあります。



    この自然そのままの大地に、近代化以降の我々は立っていません。

    舗装をされたアスファルトの上で、決して裸足になる事はありません!

    食料は、商社が海外から買い付けて、スーパーが売るモノだと、、、?

    水は、水道管どころか、ペットボトルでダンボールごと買うモノ、、、?

    流れる川も身近になく、雨は迷惑なモノ、、、?   


    あはは。


    五行の徳から遠くなった生活を営む我々は、

    無償で命を守ってくれる徳性の感覚さえ、忘れかけていますね。



    それが、家の中に、1ヶ所、もしくは2ヶ所、

    これらの五行が集められて、

    知らない間に命の為の儀式を行っている場所があるのですよ!


    さぁ、どこでしょう?

    目をつむって考えてください。

    明日のいのちの為に、心を込める清浄な清潔にされている場所ですよ。






    一つは、お炊事場。

    あえて、台所とは言わないでおきましょう。

    木は米も野菜もある。 火がある。 水が出る。 金は包丁がある。

    土で作ったちゃわんがある。昔は土間もかまども土でした。

    土が付いた野菜を洗い包丁で切ってお鍋(土器)でゆでる。

    これらの行為は、五行すべてを揃えて、命を継ぐ儀式だったのです。


    五行を揃えて、五徳の心で、食を整えたのですね。

    この食は、真実、命の糧になったはずです。




    もう一つは、お仏壇。

    木は青々とした樒や供花。 火はロウソクとお線香。 土は線香の灰。

    金はチーンの鐘と仏具。水はお水をお供えしますでしょう。

    これらは、インドで生まれた仏教が中国へ伝えられた時に加えられた

    五行学が融けこんだ仏教の様式、儀式です。 



    お仏壇は、ないご家庭もあるでしょうが、

    お炊事場。  この原点だけは大事にしてくださいね。

    女が、『陰』の徳性を守る場です。


    まさか! レトルトや出来合の御惣菜で済ますような事はなるべく避けて、

    日々の命に捧げる五行の儀式を、執り行ってください。


    これは、目に見えない世界(無意識界)に積み上げられる、

    一番簡単な、陰徳を積む行為です。



    このブログを読んでいただいている読者の家々で、

    今年もつつがなく、

    徳性を帯びた心を以って、

    お炊事場の儀式が執り行われますようにお祈りしております。



    寒さがまだまだ厳しく続いて参ります。

    ご自愛のほど、よき一週間をお過ごしください。


    しばらく更新が不定期になるかもしれません。 

    ご了承を、、、






























    -----------------------------------------*・・+"*☆★☆." 
    記事は無断転用なさいませんように、お願いします。

    [一部、版権]がございます。権利は放棄しておりません。

    どうぞ宜しくお願いします。

    関連記事

    テーマ : 栄える家とは?
    ジャンル : 学問・文化・芸術

            

    Comment

    No title

    明けましておめでとうございます~~♪
    ご挨拶が遅くなってすみません。
    お正月飾り 素敵ですね。うっとりです。
    今年も頭を三角にしながらも頑張って読ませて頂きますので
    どうぞよろしくお願いいたします。
    五色の短冊 五節句 五重塔 五輪の塔 これからは今までと違った観点から見られそうです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    あけましておめでとうございます!

    早いもので、もうお正月飾りも取れました。=
    七草も終わりましたね。=

    おげんきでブログを更新くださってうれしいです。=
    身近なものから東洋の智恵をひも解いてくださる機智に感心
    をしてしまいます。=
    食は、たびたび取り上げていただくテーマで、関心をもって読みました。=

    昔の人は正しいい事を言われていたのだ。=
    この感慨をいつも持ちます。=

    世の中は、経済、お金、雇用、給料の値上げ、そして2%の物価高ですね。=
    私たちが愚かだからこうなるのか、、、と落ち込んでしまうような世の中です。=
    今年も東洋の智恵を学びたいと思います。よろしくお願いします。=

    No title

    cosmosさん、今年もお手柔らかにねがいます。

    言われる通り、
    心のこもった手料理程おいしいものはないです。
    当たり前のことがむずかしいとは、
    困った世の中です。

    便利を売り物にする企業か、それを望む消費者か、
    世の中は大衆迎合ですから、
    大砲の弾の音が、今も聞こえまする。ぞ!

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
    昨年は、cosmosさんと出会うことができ、新しい人生の段階に入ったように感じます。
    感覚的に知っているつもりでいることが、文字に表され、理解しやすく説明されているので
    いつも違和感なく拝読させていただいています。

    今年最初の、この記事、お炊事場のお話もそうです。。。
    食を預かる主婦は、命を繋ぐ儀式を毎日行っているということなんですね。。。
    おろそかにしてはいけませんよね、本当に。。。
    家族の健康のために、工夫していきたいと思います。

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    どのような神様かな女性かな?

    実家には、おくど様とよぶ炊事場の神様が奉られてました。ご飯を炊くたび1番最初のひとすくいをおくど様にあげましていましたね。
    大人の言うことやること見て覚えてるものですね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    古代中国の思想とはいえ、現代にも通じますね。
    今の中国は、こんなにカシコイとは思えないけれど、、、、、 (笑い)

    仕事柄、医療の記事は大変興味があります。
    中医学と現在の私たちがかかる医学が融合したらいいですね。
    五行が、そういった東洋医学の中核の思想になっているとは驚きました。

    IPS細胞を、もろ手を挙げて喜んでいるのは、真に人間のためなのか? それともその経済効果の為なのか? まだまだ油断はできないと見守っています。

    今年もどうぞよろしく! おねがいします。。。

    Re: No title

    > 明けましておめでとうございます~~♪
    > ご挨拶が遅くなってすみません。
    > お正月飾り 素敵ですね。うっとりです。
    > 今年も頭を三角にしながらも頑張って読ませて頂きますので
    > どうぞよろしくお願いいたします。
    > 五色の短冊 五節句 五重塔 五輪の塔 これからは今までと違った観点から見られそうです。


    ★こちらの方こそ、よろしゅうに!  
    大変な雪でしたね。雪は心楽しい部分とやはり、寒さが、身に堪えますね。
    今年ももう17日目。 日がさっさと通り過ぎていくような毎日です。
    いつも早々のコメント恐れ入ります。  感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

            鍵コメントさんへ


            今年もよろしくお願いします!
            必ず、お返事差し上げます。お待ちになってください。

                  感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

            鍵コメントさんへ


            話題に事欠かない人生なんてすばらしい事です。
            今年もよろしく!
                感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: メールへのご返信ありがとうございました

            鍵コメントさんへ


            初めてご訪問くださりありがとうございます!
            また、ご質問のお返事、かならずさせていただきます。
                  感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: あけましておめでとうございます!

    > 早いもので、もうお正月飾りも取れました。=
    > 七草も終わりましたね。=
    >
    > おげんきでブログを更新くださってうれしいです。=
    > 身近なものから東洋の智恵をひも解いてくださる機智に感心
    > をしてしまいます。=
    > 食は、たびたび取り上げていただくテーマで、関心をもって読みました。=
    >
    > 昔の人は正しいい事を言われていたのだ。=
    > この感慨をいつも持ちます。=
    >
    > 世の中は、経済、お金、雇用、給料の値上げ、そして2%の物価高ですね。=
    > 私たちが愚かだからこうなるのか、、、と落ち込んでしまうような世の中です。=
    > 今年も東洋の智恵を学びたいと思います。よろしくお願いします。=


    ★こちらの方こそ、よろしくおねがします!
    寒いですね! そちらは雪はどうですか? こちらは3日前に大雪になりました。
    まだ、溶けずにあちらこちらへ残っております。
    東洋学は、御一緒に学んでいきましょう。  感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

    > cosmosさん、今年もお手柔らかにねがいます。
    >
    > 言われる通り、
    > 心のこもった手料理程おいしいものはないです。
    > 当たり前のことがむずかしいとは、
    > 困った世の中です。
    >
    > 便利を売り物にする企業か、それを望む消費者か、
    > 世の中は大衆迎合ですから、
    > 大砲の弾の音が、今も聞こえまする。ぞ!


    ★こちらの方こそ、お手柔らかに!!!   ほほっ。
    便利を売り物にする企業が確かに多い、そうすれば売れると思っているのですね。
    此方がおバカなのですね。  あはは。
    いつもお気にかけてくださり、、、感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

            鍵コメントさんへ


            必ず幸せな人生を築いてくださいね。
            大丈夫です。
               感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

    > 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
    > 昨年は、cosmosさんと出会うことができ、新しい人生の段階に入ったように感じます。
    > 感覚的に知っているつもりでいることが、文字に表され、理解しやすく説明されているので
    > いつも違和感なく拝読させていただいています。
    >
    > 今年最初の、この記事、お炊事場のお話もそうです。。。
    > 食を預かる主婦は、命を繋ぐ儀式を毎日行っているということなんですね。。。
    > おろそかにしてはいけませんよね、本当に。。。
    > 家族の健康のために、工夫していきたいと思います。
    >
    > 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


    ★こちらの方こそ、よろしくおねがいします!
    遠くスペインにいるとは思われないひろみさんの行動力に、いつも感心をしています。
    お体を大切になさってね。
    また、お邪魔をさせていただきますね。  感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: どのような神様かな女性かな?

    > 実家には、おくど様とよぶ炊事場の神様が奉られてました。ご飯を炊くたび1番最初のひとすくいをおくど様にあげましていましたね。
    > 大人の言うことやること見て覚えてるものですね。



    ★そう、いろいろありましたね。
    五行は、その徳性を言うだけで、神とは結びついていないのですよ。  
    神とは、仏と違って、その作用を云うのですね。 働きとか役割です。
    擬人的にその価値を教える要素があって、昔は、それで、自然の存在と価値を教えたのでしょう。

    以前にいただいたコメントで、紀子さんのお名前の呼び方、お尋ねでしたね。
    忘れておりませんよ。何時か、名前についての記事を書こうと思っています。
             感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

            鍵コメントさんへ


            >本当にここまでしてしまって良かったのかな?と思わずにはいられません。

            同感ですね。
            楽を押し付けて来る文明の中で、退化させられそうな?  あはは。
            どちらにしても生き延びるには智恵が要ります。
                 感謝申し上げますe-267 cosmos

    Re: No title

    > 古代中国の思想とはいえ、現代にも通じますね。
    > 今の中国は、こんなにカシコイとは思えないけれど、、、、、 (笑い)
    >
    > 仕事柄、医療の記事は大変興味があります。
    > 中医学と現在の私たちがかかる医学が融合したらいいですね。
    > 五行が、そういった東洋医学の中核の思想になっているとは驚きました。
    >
    > IPS細胞を、もろ手を挙げて喜んでいるのは、真に人間のためなのか? それともその経済効果の為なのか? まだまだ油断はできないと見守っています。
    >
    > 今年もどうぞよろしく! おねがいします。。。


    ★あら、医学のお仕事をしている方の中にも、そういったIPSへ疑問を持っている人がいるのですね。
    たしかに、使われ方で善にも悪にもなりますから、 楽観はできないかもですね。
    中医学が、日本でもありますが、保険がきかないのです。
    すこしづつ融合していけばいいですね。  
          感謝申し上げますe-267 cosmos
    非公開コメント

    プロフィール

    寂光ーcosmos

    Author:寂光ーcosmos
    家系・個人の運命鑑定
    東洋運命学教室を主宰

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード