fc2ブログ

    道徳4 『道徳』のヒエラルキーにおける位置は、最下層に追いやられています。

    Category : 生活哲学
    梅の木

    満開の梅の木







    最近 ”難しすぎる~!”

    というメールをまた、貰ってしまいました。



    ・・・




    扱う内容が、大事な内容を含む場合、

    どうしても外せない点だけは、書かないといけないと思い、

    迷うながら、、、

    なるべく具体的な言い方を心がけながら記事にしています。


    こんな言い訳を書くのも、

    今日も難しいと言われそうなので、

    予防線を張っている次第でございます。 (笑い)


    よろしくおねがいします。



    普通の人、私もごく普通の人なのですが、 あはっ!

    道徳とか、哲学とか、思想というものが、

    どんなに重要か、

    どんなに自分の一生に関係してくるか

    気が付いていない人が、多いのですね~

    このブログへ来ていただいている方は、別として、、、


    なかなか、近づきたくないのが、哲学! 道徳!

    難しい面倒な事!!    あはは。



    また、今は教育という中で、そういうものを、教えないし、

    教えるとしたら知識としてまで。

    教える実体を持っていないのね・・・





    今日の記事は、道徳4、これで一区切りにしようと思います。


    道徳が、人としてのたしなみ、教養くらいにしか

    考えられていない事が、道徳に関心を皆さんが持たない原因です。


    だって、効率や、利益誘導を優先する社会において、

    たしなみは無視され、

    教養は、飾り物のように端っこに追いやられています。




    道徳は、たしなみや教養より、マシな物ですよ。
     

    (実際そうなのに、、、ムダとしか思っていない現状が、、、)

    お金より、ずっと得な物! ですよ。

    これでは、どうでしょうか?  ほほっ。

    お金より得だって言えば、

    少しは、振り向く人が増えるでしょうか? あはっ!



    何に例えたら、道徳の価値が分かるのか ?



    自分が一番欲しい物が手に入る根拠になるものです。

    これでは、どうでしょうか?

    嘘みたいで、騙されてるって?   あはは。



    今、いろんな点で、世の中がここまで、

    にっちもさっちも【二進も三進も】行かなくなっているのは、

    全ての価値観が転倒しているからです。



    理念のない、哲学の心棒のない政治、

    その下で行政の枠内で行われる官教育、

    その官教育の行政下の片隅に道徳を置いているというのが、

    そもそも、おかしいのです! 


    だって、行政に管理されて、どういう意味が?



    道徳にとって、もっとも悲惨な歴史は、




    明治から戦後まで、道徳が国家神道のなかにあった事です。

    明治維新以降、

    欧米諸国の一神教のキリスト教に対抗する為に

    わざわざ、取って付けたように、天皇と今までの神社信仰を利用して

    明治政府の政治家と役人が作ったものが国家神道です。

    私は、これは神社系の新興宗教だと思っています。


    政治家は政治をしておけばいいものを、、、

    自分の頭の上にあるものを、権力の道具に落したのです。


    政治が権力の為に宗教を利用した例です。





    そして、


    その時にも、

    日本はにっちもさっちも行かなくなって、

    戦争を起すしかなくなって、

    国家神道を国民を鼓舞するのに利用しました。


    大罰当たりなことです! 神風など吹くわけがないし負けは、当然です。


    これは、狩猟民族の一神教のキリスト教の神と、

    国家神道という新興宗教のオカルト神の争いだった、

    と言う事もできるのではないかしら?


    結果は、

    宗教としての歴史が長く、

    幾多の戦いの経験のある狩猟民族の一神教の

    キリスト教の神の勝利でした。


    だから、それからというものは、

    日本はその神の領土になったはずです。

    それ故に、日本は物質文明の世界の中に入ってしまいました。

    それが今の日本です。





    どこが間違ってこうなったのか、もうお分かりでしょう?




    古来からの神道を利用して、オカルト神道を捏造し、

    政治の下駄の下に神社局を作り! 

    ここがもう~おかしいのです。

    政治が宗教を統治する? =人間が神や仏を統治する?

    本来は逆さまじゃないですか?  

    本末転倒そのもの!



    今更、言いたくもないですが、

    明治政府を作った立役者たち、

    まったく、文化や宗教には、無知だったようです!



    ちょっと横道に逸れますが、

    先日、テレビで、

    総理の鳩山夫妻が、先祖の墓参に行ったというニュースを流していました。

    見ると、お墓の石塔に向かって、拍手を打つように手を合わせ、

    その手には、仏式の数珠も、キリスト教のクロスもありませんでした。

    拍手は、まさか二拍手ではありませんでしたが、

    パンと合わせた拝み方に、驚きました! 

    だって、拍手は神式ですよ。

    仏式の墓参では、属した宗派の数珠を手にするのが常識だし、

    そっと手を合わせます。

    パンとはしません。


    まさか! 

    総理ともあろうお方が、ご存知ないの? 

    と思ってテレビの画面を見ていましたら、

    その場のインタビューに答えてこう言っていました。

    『鳩山家らしい、りっぱな政治をさせていただきたいと、、、』

    まったく何もご存知ない~ 

    お墓はお願いに行く所じゃないのよ。

    追善供養といって、自分の善行を死者の為にお供えに行く所です。


    こういう宗教的な事に無関心なまま外国留学をする事の方が、

    進歩的と思われるのか?

    日本の古い事には無関心で、知らない位方がインテリなんだとか?

    そう云う雰囲気のご家庭でお育ちになられたに違いない。


    そう理解しましたが、

    今の10代や20代の若者と同じレベルですね。

    やはり我が国の総理というからには、

    わが国の伝統のある文化を知って、

    実家のお墓参りにはご宗旨の御数珠を持つ位の事をするのが嗜み。

    男性側が分からなければ、奥様が準備なさればいい事です。

    このように、

    必ずしも政治家といえども自国の宗教や文化において、

    知的に優れているという事はないみたいです。





    政治権力と、宗教との関係は、

    ヨーロッパでも、王権と教会の争いはずっとありました。



    誰だったのか? 本の題名も思い出せないのですが、

    (過去に見た文献を捜したのですが、見当たりませんでした。)

    『頂上の哲学・宗教からその思想のエネルギーが下へ流れる

    ヒエラルキーが形作られる』 と 言っています。



    ピラミッドを思い描いてくださいね。このヒエラルキー(階層)は、

    最上の頂点、ピークの部分が、宗教・哲学、いわゆる理念・思想。

    すぐ下の層が、芸術・教育。

    その下の層が、政治。

    それから一番下の層が、経済。

    (経済は偉そうにしているけど、最下層! 下僕なの!)



    つまりは、宗教や哲学と云った川上の理念や思想の中味が、

    人間観や世界観を芸術・教育に影響を与え、

    そこで花開いた文化や知恵が、

    政治思想へと影響を与え、

    それからその力が、経済へというふうに川下へ流達して、

    世界や人々を潤す。哲理が人々を潤す、というもの。

    逆に、思想の中味次第では、人々に飢えをもたらすかも知れません。

    だから、どういう思想?理念?という事が大事なのよ!



    宗教・思想・理念が人間に良くも悪くも影響を与える構図なのです。




    欧米は、マルクスが出てくるまで、プラトンとアリストテレスの流れから

    キリスト教思想のもと、この世界が成立していました。


    この伝統はマルクスの理論においてあきらかに終わりをむかえたのです。

    マルクスにおける、世界変革の思想は、

    「ヘーゲルを転倒させたというよりは

    むしろ、思考と活動、観想と労働、哲学と政治との間の

    伝統的なヒエラルキーを転倒させた」と、

    ハンナ・アーレントが、彼女の著書で、

    『カール・マルクスと西欧政治思想の伝統』言っています。





    日本においても、仏教や、朱子学を基としてとか、過去はそうでした。



    現代は、このヒエラルキーから見れば全部逆さまですよ!

    今は、トップの宗教・哲学・理念、思想がなくて、

    そのトップの座を下層の経済が奪い取って頂点のピークに居座り、

    その経済を牛耳る政治権力が全てを統治していて、のさばっている!

    政治が宗教を利用し、あ、宗教が政治を利用しているのもあるわね!

    政治が教育を統治しているのね~  おかしくないですか?

    教育も本来は、四権分立のように、独立した方がいいのでは?


    今の芸術も人間の生き方を変えるようなパワーを感じません~。






    今の混乱は、あきらかに物質文明のキリスト教思想から起っている。

    貧しさの物の哲学は、本当に世界を精神の貧しさまで落すのですね。



    現在は、その混乱の滞留のまま、

    モノの分配、経済をトップにしたピラミッドであり、

    その『経済』を牛耳る『政治』権力が、トップに立つ

    ピラミッドの世界です。




    なぜ、こういうややこしい事を言うのか?と言いますと、

    『道徳』のヒエラルキーにおける位置は、ありません。ないのです!

    それか、最下層に追いやられている? 

    政治や経済の力によって邪魔に扱われているのかも、、、うざいって。

    それに気が付いてほしいのです。


    もう、道徳が消えてなくなりそうです。

    本来は、『道徳』の位置は、トップの哲学、宗教、思想、

    その下の教育と並ぶものだったのではないのかしら?



    今は、哲学、宗教、思想そのものを見失った時代ですから、

    仕方がない? そういう現実ではありますが、、、


    このままで、日本の国が繁栄し、

    このまま、日本人が生延びれる?

    いいえ! とんでもない幻想です!



    『経済』と『経済の為の政治』権力が、トップに立つピラミッドの世界では、

    それらは、泡のごとくの幻想です。



    『経済の為の政治』権力が、トップに立つピラミッドの世界では、

    人間の精神や心、自然、命が、きれいごとの裏で蹂躙されている世界です。







    最後になぞかけを~

    日本の為政者が口にする

    ”コンクリートから人へ””いのちを”というおしゃべりと、かけて。



    幼児が学芸会でしゃべる台詞に似ています。


    そのこころは~

    自分の出番が終れば、直ぐに忘れてしゃべらなくなる台詞です。 






    これらの意味不明の言葉は、

    言葉の中味や本気の衰退へ、つながって行き、

    すべては

    、権力欲の為の経済・政治へ絡め取られて利用されるだけです。





    民の善意は、何度利用されましたか?

    また利用されるつもりなのでしょうか?

    何度騙されたら気が付くのでしょうか?




    自己の徳性を磨く事なしに、それを止める事はできません。


    道徳が滅びるという事は、

    私達の子孫と密接に関係があります。

    この事に関しては、又記事にする時があると思います。


    おたのしみに・・・





























    -----------------------------------------*・・+"*☆★☆." 
    記事は無断転用なさいませんように、お願いします。

    [一部、版権]がございます。権利は放棄しておりません。

    どうぞ宜しくお願いします。



    関連記事

    テーマ : 哲学/倫理学
    ジャンル : 学問・文化・芸術

            

    Comment

    分かりやすかったですよ!

    大変な内容を、サラッと書かれているのには、
    コスモスさんのご苦労が、身に沁みて・・・・・
    ご自分の中で消化されているものだからかしら。
    言葉の意味するものを深く考えもしないで生きているので、ぎょっ!っとします。

    明日から、どうかよき週末を!

    今晩は! 夜回りより早め、

    ちょっと、息抜きに!

    と、言うと大袈裟だが^^ 今から又一仕事。

    むずかしいテーマをよくこなして、おつかれさん! ご無事でなによりです。

    宗教・哲学の大切さは、なんとなくわかっているつもりでしたが、
    本当に大切だということがよくわかりました。
    そして、現在の状況も・・・本末転倒状態なのですね。
    ピラミッドはドーンと下層が大きいから安定するのであって、
    逆三角形では、いつ倒れてもおかしくありません。
    ここは個人だけでも正規のヒエラルヒーを構築していかなければならないのですね。

    明治維新に対する新しい視点・・・勉強になりました。


    こんばんは!

    コメントの皆勤賞を狙っているのですが=
    まだ、コメントのお返事を書かれていないので安心致しました=

    さまざまな事をここまで視れるのは、東洋学の知恵ですか=
    視点が、何か遠いトコロからご覧になっているように感じます=

    Re: 分かりやすかったですよ!

    > 大変な内容を、サラッと書かれているのには、
    > コスモスさんのご苦労が、身に沁みて・・・・・
    > ご自分の中で消化されているものだからかしら。
    > 言葉の意味するものを深く考えもしないで生きているので、ぎょっ!っとします。
    >
    > 明日から、どうかよき週末を!

    ★あら! よかったです! (笑い)
    よき理解者を持って、しあわせものでございます。
    週末は、2泊3日で温泉に行って来ました~
    お返事おそくなりまして、いつも変わらぬ友情に感謝です!
    ありがとう。☆-------------------------------------:*・+☆+"*☆★☆

    Re: 今晩は! 夜回りより早め、

    > ちょっと、息抜きに!
    >
    > と、言うと大袈裟だが^^ 今から又一仕事。
    >
    > むずかしいテーマをよくこなして、おつかれさん! ご無事でなによりです。

    ★あはっ~ 見回り隊長殿!お仕事ごくろうさまです~
    いつも変わらぬお気遣い痛み入ります!
    ありがとう。☆-------------------------------------:*・+☆+"*☆★☆

    Re: タイトルなし

    > 宗教・哲学の大切さは、なんとなくわかっているつもりでしたが、
    > 本当に大切だということがよくわかりました。
    > そして、現在の状況も・・・本末転倒状態なのですね。
    > ピラミッドはドーンと下層が大きいから安定するのであって、
    > 逆三角形では、いつ倒れてもおかしくありません。
    > ここは個人だけでも正規のヒエラルヒーを構築していかなければならないのですね。
    >
    > 明治維新に対する新しい視点・・・勉強になりました。

    ★どこか、今の私達って、おおまじめに
    こういう事を考えると頭がしびれる(笑い)ようになっていますね! 時代でしょうか。。。
    前、masumienさんが、興味を持たれた明治維新って、おもしろいですね~
    いろんな角度から穿り返すと、もっと人間くさい事がボロボロ出てくるところですね。
    いつも変わらぬご好意に感謝申し上げます、
    ありがとう。☆-------------------------------------:*・+*・*:.。☆.:

    Re: こんばんは!

    > コメントの皆勤賞を狙っているのですが=
    > まだ、コメントのお返事を書かれていないので安心致しました=
    >
    > さまざまな事をここまで視れるのは、東洋学の知恵ですか=
    > 視点が、何か遠いトコロからご覧になっているように感じます=

    ★まぁ~コメントの皆勤賞!! うれしい事を言ってくださるのね!
    ありがとうございます。
    あははっ~ 2,3日温泉に行っていました。
    ありがとう。☆-------------------------------------:*・+*・*:.。☆.:
    非公開コメント

    プロフィール

    寂光ーcosmos

    Author:寂光ーcosmos
    家系・個人の運命鑑定
    東洋運命学教室を主宰

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード